Acsent

建築設備課懇談会様よりご依頼をいただき、スポーツ施設における音響・映像・IPネットワークの世界標準についての勉強会を、弊社会議室にて開催いたしました。

2017年1月26日に弊社会議室にて、建築設備家懇談会主催の勉強会「スポーツ施設の国際対応を考えるフォーラム」を開催いたしました。主催者様よりご依頼をいただき「国際志向スタジアムの音響・映像・高密度Wi-Fiの実際」という副題のもと、弊社の方で音響、映像、IPネットワーク各分野の最前線にいらっしゃる3名のスピーカーをコーディネートして講演をしていただきました。当日は30名弱の設計会社の皆様にご出席いただき、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックを控え関心が高まるスポーツ施設の設計について、非常に有意義な情報をお持ち帰りいただけたのではないかと思います。

音響については、M&Hラボラトリーの三村様が「大型競技施設の音響設備設計」のタイトルで講演を行いました。FIFAとIAAFというスポーツ界の2つの世界統括団体の施設基準を例にしながら、スポーツ施設で求められる音響の基準と設計の思想、その測定方法について具体的な例を交えながら紹介をしていただきました。

IPネットワークについては、シスコシステムズ合同会社の野口様より、海外スタジアム事例の紹介を中心に、シスコ社のWi-Fiシステムとデジタルサイネージについてご紹介をいただきました。実際に現地で撮影、体験した映像や画像を基にしたプレゼンテーションで、Cisco製品で実現できる体験をお伝えいただきました。

最後に映像に関して、弊社が日本での総代理契約を締結しているClick Effects本社より、Cliff Wight CEOが来日し、講演を行いました。Click Effectsがアメリカにおいて70%以上の施設に導入されるまでの歴史、Click Effectsの設計思想などの紹介のほか、正面だけでなく側面にも配置したLEDパネルを、Click Effects1台の操作のみで自在にコントロールするデモンストレーションを行いました。

開催概要

建築士会CPD認定プログラム
「スポーツ施設の国際対応を考えるフォーラム」

主催:
建築設備課懇談会
協力:
株式会社アセント
日時:
2017年1月26日(木)14:30-17:30
講演:
【大型競技施設の音響設備設計(国際対応可能な設備への取り組み)】
  株式会社M&Hラボラトリー 三村美照氏
【スポーツエンターテインメントソリューション 海外スタジアムの最新トレンド(コストセンターからプロフィットセンターへ)】
  シスコシステムズ合同会社 野口広明氏
【観客の興奮を最高潮へ導く映像ソリューション Click Effectsのご紹介】
  Click Effects Cliff Wight(クリフ・ワイト)氏